なぎ食堂

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | part.2 (about zine) >>
part.1 (about vegan)



なぎ食堂は、東京・渋谷は鶯谷町に位置するヴィーガン仕様の食堂です……ってサラリと書いておりますが、ヴィーガン(Vegan)って何?って方も少なくありませんので、ちょいとご説明させていただきます。

ヴィーガンってのは、肉や魚はもちろん、牛乳や卵といった動物性食品を一切口にしない生活スタイルのこと。と、聞けばえらく厳格で面倒くさそうだなぁと思われる方もおられるかもしれませんが、実はそんなもん大したこたぁない、古き日本の生活スタイルに毛が生えたようなシロモンです。

「え〜タクシはぁ、ィーガンでありましてぇ……」と声高に叫ぶようなもんでもなく、取り立てて大層な思想でもなく、最先端の洒落たライフスタイルなんかでは決してなく、単に「そういう人(も)いたりする」ってだけの話、だと考えております。

「なんで、好きこのんでヴィーガンなんかに?」と思われる方も少なくないでしょう。それは、まぁ人それぞれに理由があると思いますし、話せば結構長くなったりするので、あんまし言いたがらない人も多いと思われます。

で、私(なぎ食堂店主)の場合は、自宅と店ではヴィーガンですが、状況に応じて魚介類を口に入れることもあります(得体の知れないヴィーガン・レストラン・ガイド本に「主人はノンベジ」と取材も断りもなく書かれましたが、これはちょっと違います)。これは、犬を家族として共に暮らしている自分と動物を食べる自分に、なんか折り合いを付けられなくなったから食うのを止めた、というだけ。このあたりのことは、シリアスな話もあり、ホンッとにしょうもない話もあるんでこの先のブログでちょこちょこ書いていければと思います。

「肉や魚がなかったら、さぞかし貧乏くさい食生活やろうなぁ」。ま、それも事実ではあります。でも、肉や魚がなくても、人間結構楽しんで飯を食えるのではないか、いや、どうなのか、んじゃ、どんなご飯ができるかやってみましょう……でできたのが、この「なぎ食堂」であります。それゆえ、騙されたと思って、 一度飯を食いに来ていただければ、これ幸い。満足できるかどうかは分かりませんが、結構ガッツリと喰えることだけは保証いたします。

ただ、誤解なきよう。当方は、ヴィーガン仕様ってだけで、別にオーガニック云々とは全然関係ないですし、一度たりともそのような喧伝をしたことはございません。もちろん、オーガニック食材に対して自分たちなりの考え方もいろいろとありますが、現時点では、「日常の中で手に入る食材で、自分たちには何ができるのか?」ということです。

もちろん、この先、低価格で美味しい(嘘じゃなく)オーガニックの食材や調味料が手に入るならば、するりとそちらを使用しますが(今でも地味に移行中)、それでもたぶん、オーガニックであるとか、どこどこの野菜を使ってるとか、そんな類いのことを前面に打ち出すことはないと思います。ご了承くださいませ。

ヴィーガンやベジタリアンの方はもちろん、ちょっとだけ興味があるとか、別にそんなんどっちでもいいけれど美味しいもんが食べたい方、ぜひ一度いらしていただければ。何か楽しいことや驚きがあるやもしれんです。

まぁ、近場の食堂ですから。普通に、普通に。

何卒&何卒!

| 00:00 | prof |

infomation and access
blog
categories
search this site