なぎ食堂

<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< part.2 (about zine) | main | part.4 (introduce link) >>
part.3 (about music)


なぎ食堂は、地元密着型の普通の食堂です(え〜また〜?)

ただ、ご来店いただいた方はご存じかと思われますが、そこに流れる音楽は、他のお店に流れる音楽とは少し異なるものだったりします。

それは時に耳障りなものかもしれません。また、いわゆる「カフェ」に流れるスムースな音楽とも異なります。ただ、個人的には決してつまんない音を流しているわけではないと自信を持ってお伝えいたします。

……とある午後のプレイリスト

「macadamia」popo
「Ethiopiques, Vol. 14: Negus of Ethiopian Sax」Getatchew Mekurya
「philosophy of the world」Shaggs
「First Thought Best Thought」Arthur Russell
「やっほのぽとり」ゑでぃまぁこん
「unknown track cd-r」太田暁
「the visitor」Jim O'rouke
「Spiderland」
slint
「The Best of Blind Blake」Blind Blake
「沖縄 cd-r」円盤セレクト
「港」湯浅湾

もちろん、これはとある日のとある音楽です。ここにかかっている音楽は特別なもんでもなんでもなく(いや、時々はあるか?)、なぎ食堂の店主が勝手気ままにセレクトしているだけです。

ただ、なぎ食堂の店主兼メインシェフは、元々音楽にまつわる編集/ライティングを本業としております。また、現在「
sweet dreams」という最高の本を作っている福田教雄と共に「map」という雑誌編集プロダクションのような、イベンターのような、音楽レーベルのような、なんかよく分からない小さな集団を完全インディペンデントにて主宰もしています。

そして、なぎ食堂に流れる音楽は、この「map」が出会った「奇妙だけれどちょっと面白い」音楽たちだったりするのです。

また、入り口付近で販売されているCDやレコードの多くは、mapが主宰するレーベルcompare notesのリリース作品です。同レーベルからは、これまでトクマルシューゴやSAKE ROCK、二階堂和美やteasi、そして現在は、バイトKも在籍するかえる目、popo、三田村管打団、長谷川健一……と数多くのグレイトな音楽を輩出しております。これらはすべてご購入いただけますので、是非是非。

もし、店でかかっている音楽で気になるものがありましたら、ぜひ店員に訊いていただければ嬉しき限り。実は、いろいろと優れたミュージシャンが、普通にバイトしていたりしますので、きっと面白い話が聞けると思いますよ。

でわでわー。


| 02:00 | prof |

infomation and access
blog
categories
search this site